ひと月のデータ通信量がフリーとなっているWiMAX「ギガ放題」の項目別料金を、各プロバイダーで比較して、有利な順にランキングにしました。月額料金のみで判断するのは止めましょう。

「WiMAX又はWiMAX2+を手に入れるつもりだ」と言われる方に注意してほしいのは、手堅くプロバイダーを比較するということをしないと、2~3万円ほどは不要なお金を出すことになるということです。「WiMAXを購入することに決めたけど、通信可能エリア内か否かがわからない。」と思っている場合は、15日間の無料トライアルがありますから、その無料期間を有効に活用して、日頃の生活で使用してみることを推奨します。

完全に同じモバイルルーターであろうとも、プロバイダーが異なれば月額料金は異なります。当HPでは、今流行りの機種を“料金”順でランキングにしていますから、比較しやすいのではないでしょうか?ズバリ言って、最も満足のいくモバイルWiFiルーターはWiMAXで決まりでしょう。

このルーター以外と比較しても速度は速いし、何と言いましても料金が一番リーズナブルです。WiMAXについては、大元であるUQだけに限らず、MVNOと呼ばれている会社が提供しています。無論のこと速さとか通信サービスエリアが異なるということはないと明言しますが、料金やサービスは違っています。

モバイルルーターの売り上げアップのために、キャッシュバックキャンペーンを展開中のプロバイダーも見られます。キャッシュバックを勘案した料金を比較検証してみた結果をランキングにして掲載させていただいております。プロバイダーが独自に決定しているモバイルルーターの毎月毎月の料金やキャンペーンを比較して、ランキング順に掲載しました。

どのルーターが良いのかわからない方は、是非とも閲覧してみてください。LTEについては、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味を持つ通信規格であり、このあと登場する4Gへの変更をスムーズにするためのものです。

そういう理由で、「3.9G」として扱われます。WiMAXと申しますと、どんな時もキャッシュバックキャンペーンが大人気ですが、ここ数年は月額料金が安くなるキャンペーンも大人気です。1か月間のデータ使用量に上限のない「ギガ放題」の他に、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在します。こちらの「通常プラン」は、「データ使用量の上限は7GB」とされております。

WiMAXの「ギガ放題プラン」については、データ通信量が3日で3GBを超過すると速度制限が適用されてしまいますが、その制限が適用されようとも結構速いので、速度制限を不安視することはナンセンスです。ポケットWiFiについては、1ヶ月に利用できる通信量とか電波の種類が異なっているので、どのような利用の仕方をするのかによって推奨できるモバイルWiFiルーターも異なるのが通例です。

WiMAX2+を、ネットを介して売っているプロバイダーの1か月間の料金(2年契約完了日迄のキャッシュバックも考慮したトータル金額)を比較した結果を、安いプランを提供しているプロバイダーから順にランキング形式で掲載しております。

モバイルWiFiを使うとするなら、どうにか支出をセーブしたいと考えるはずです。料金は毎月徴収されることになりますので、仮に数百円前後の違いであろうとも、一年間ということになるとかなり大きな違いになります。